無理して着飾るぐらいなら開き直ったほうが素敵

2月 22nd, 2018

自宅でファッション雑誌とにらめっこをしている男子は、おしゃれに一生懸命で素敵だと思います。ただし、それはファッションを楽しんでいる場合のみという制限付きでのことです。心の底から楽しめていないなら、無理して着飾る必要はないと考えています。

女の子にモテたいから、友人たちのカッコよさに負けたくないからなどの理由は大切です。素敵な洋服を着こなせば、それらゴールに近づくことができます。しかし、本心からファッションと向き合っていないと、いつか疲れてしまいます。それに、男子のために尽くそうとしている洋服たちに失礼です。モノに心が宿っているとは断言しませんが、少なくともそのような心を持って洋服と関わり合ってもらいたいというのが私の本音です。少しきついことを書きましたが、私は洋服が好きだからこそ男子にも洋服を楽しんでもらいたいと思っています。別に楽しめなくてもいいんです。

思い切って、ジャージなどのラフな格好で遊びに出かけても、女の子は悪い印象を持ちません。男子がファッションで苦しんでいるところが垣間見れるほうが、よほど気を使ったり女の子まで疲れてしまうからです。何か別の趣味に情熱を傾けていれば、それだけで素敵です。

カテゴリー: 未分類 |

この投稿へのコメントは受け付けていません。