八坂さんと平安神宮

2月 23rd, 2017

京都の神社といえば八坂さんとか平安神宮が有名なのかなあと思います。京都の観光地といえば!!って感じでとても賑わってますよね。

偏った意見かもしれませんが、地元民としては八坂さんといえば「四条のどんつき」平安神宮といえば「動物園の近く」というイメージが強いです。偏ってますね、やっぱり。

ちなみに「四条」というと、四条通りではなく、大体あの界隈の繁華街近辺のことを指してるイメージです。

京都の若者の遊び場といえばやっぱり四条界隈が行きやすい感じかなと思います。今でこそ京都駅あたりも拓けまくっているから、そうでもないのかもしれないけれど、ひと昔前は京都駅といえばアバンティって感じで、後は地下街にちょっと小物や服屋があるって感じで、買い物に出るといえば四条近辺でした。

新京極とかは観光目線で見るとお土産屋町って感じですが、地元の若者から見ると遊びと服飾雑貨の町って感じです。ま、とはいっても今の若者はわざわざそういうところへ行かずにレディースファッション通販サイトなどで済ませちゃうのかもしれませんけどね。

で、そこから祇園の方はもう大人の世界って感じで、子どもには興味もないし敷居も高い領域なんですよね。ただ、当時祇園の角に安いカラオケ屋があって、そっちの方まで足を伸ばしたときに目に入る神社が八坂さんって感じでした。もう一世代前だと、八坂さんの斜め前くらいに一世を風靡したディスコがあったので、そっちのイメージも強いかもと思います。

で、平安神宮は動物園の近くっていうイメージです。お参りとかも何となくわざわざ観光客の多いところに行かなくても…って感じで、成人して他府県民の主人と一緒に行くまでは行ったことがなかったというあり得なさでしたけど…。

京都の動物園といえば岡崎動物園ですよね。あれ、正式名称ではなく通称らしいですけど「岡崎の動物園」ってずっと言ってました。正式名称は京都市動物園かな??何といっても猿山と園のかなり隅っこの方にいる狼が印象的でした。狼ってまだいてるのかなあ…ふれあいコーナーのおとぎのくにとか超懐かしいです。

そして時々門の前あたりでやっている飴の切り細工をすごく覚えています。とにかく面白くてきれいで、時々息をプウッと入れたりハサミで形がどんどん出来上がっていったり…まさに職人芸でしたね…買ってはもらえませんでしたけど。今もあるのかなあ、あれば子どもを連れていってやりたいですね。

で、その動物園の近くには確か美術館とコンサートホールみたいなのがあったはず。小さい子どもには無縁の場所でしたが、小ホールとかで人形劇とかがあったような記憶もなきにしもあらず。

ともあれ、観光地が地元な人にはありがちなことなんですが、特に社会人までの自分中心まっしぐら世代にとっては余計に、せっかくの歴史的建造物や観光地なんかもかやのそとだったのです。今思えば勿体ないですね。
これだけの観光地ですから外国人さんも相当な数いますね。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。